スポンサーサイト

2017.01.31 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - | - |

CIC/ローン会社/当方の三社での事実確認や情報開示依頼は可能でしょうか

2016.04.06 Wednesday 15:31


CIC信用情報開示請求される方は多くいますが
事実確認ができない、情報開示ができないというケースもあるようです。
以下のような事例があります。

相談
ご意見ください。
‥方住宅ローンを組む為に、某ローン会社に審査を依頼しました
△靴し「CIC信用情報にてあなたの過去履歴におかしな取引が多数存在する」と指摘されました。
それを聞いてCIC情報開示を依頼した所、私の個人情報を第三者が悪用したと思われる取引情報を約20件確認しました。
い修靴導堂饉劼北笋す腓錣擦鬚靴董不正取引認定と情報削除をしてもらいました
ヌ鶲譽月後にCICに再度情報開示をしてもらった所、不正データは全て消えていました。
Δ箸海蹐、ローン会社に再審査を依頼したところ、「確定情報からは消えていたが、過去履歴(削除された情報)として取引が残ってしまっている。完全消去して欲しい」との依頼を受けました。
Г修譴鮓気CICにそのような情報の存在有無を聞いた所、「そんなデータは無い」の一点張り。企業側と当方が取得した情報に差異があるかのチェックを依頼しても「出来ない」の一点張りです。

結果として組みたいローンが組めず、本当に困っています。
ローンや今後の為にも不正取引履歴を全て削除したいのに、どのようなデータが残っているかも確認できない、そもそもローン会社と当方の情報にどのような差異があるかも確認できません。(ローン会社からの情報提供は出来ないとの返答あり)

このような場合弁護士さんに仲介に入って頂き、
CIC/ローン会社/当方の三社での事実確認や情報開示依頼をするといったことが可能なのでしょうか?もしくは他に有効な解決手段があるのでしょうか?

ご教授頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

<引用元https://www.bengo4.com/shakkin/1046/1176/1292/b_422457/>

このようなケースは珍しく実際に専門家による情報開示できるかは、質問内容からでは不明です。
もしも情報がCICに残っている場合、情報の削除を請求することも視野に入れてみるといいでしょう。
開示手段は何通りか弁護士によって有しているのが通常です。まずは相談してみましょう。

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示


| 信用情報開示 | comments(0) | - |
<<new | top | old>>
qrcode
RANK
ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

SEO RANKING

ランキング一括投票